法人の税金(法人税)

法人の税金(法人税)

交際費から除外される飲食代とは

法人の交際費は年間800万円を超えると、税金上は経費にすることができませんが、 少額の飲食代については年間800万円のルールから除外することができます。 法人の交際費のルール 法人は税金上交際費にできる上限が年800万円と決められています。...
法人の税金(法人税)

法人の交際費800万円ルールとは

法人は経費にできる交際費の金額の上限が800万円と決められています。 ただし、すべての交際費が800万円のルールに該当するわけではありません。 交際費とは 交際費とは、仕事の関係のある人に対しての、接待・慰安・贈答などに対する費用です。 こ...
法人の税金(法人税)

決算賞与を未払処理する際の注意点

今期の決算の内容がよかったら、従業員に還元してあげるのもいいかもしれません。 仕事をする上でのモチベーションアップにつながります。 決算賞与 賞与は支給する会社であれば、通常の夏(6,7月)や冬(12月)に支給することが多いかと思われます。...
法人の税金(法人税)

法人税の節税は利益が800万円を超えてから。倒産防止共済の前払い制度をうまく使う。

個人の給与と法人税のバランスをとりつつ、税金を抑えたいと考えるのは利益が800万円を超えてからが理想です。 利益をなるべくフラットにするには、倒産防止共済の前払い制度が有効です。 (利益と節税のバランスが重要) 法人税の税率 法人の税率は基...
個人の税金(所得税)

退職金は税金的には優遇されている一方で、支給する場合には注意も必要

退職金は将来の老後のための資金であると考えられているため、税金は非常に優遇されています。 退職金の税金の計算方法とともに、支給する場合の注意点をまとめてみました。 退職金の税金の計算方法 退職金であっても、もらった場合には税金の対象になりま...
法人の税金(法人税)

法人税の納税は利益の4分の1がひとつの目安

法人税は決して安いとは言えませんが、ビックリするほど高いわけではありません。 一度払ってしまうと、「思ったほど高くなかった」との感想を持たれる方は多いです。 (会社の税金も備えていれば怖くはありません) 法人税の税率の目安 法人税は所得税と...
法人の税金(法人税)

手間はかかるが、社長にも賞与が支給できます

社長の給与は毎月同額の給与を払うのが一般的ですが、届け出をすることによって賞与を払うことができます。 ただし、ルールが比較的厳しめであるため慎重に取り扱う必要があります。 基本は毎月同額 社長の給与を自由に払うことができれば、会社の利益操作...
個人の税金(所得税)

税理士に申告をお願いしていても、書類の保管義務は納税者

税理士に申告をお願いした場合であっても、申告をしてもらって納税すれば終わりではいけません。 申告した後でも、必要な書類を保存しておくのは納税者の義務です。 保管しておかなければならない書類はどうするか? 必ず書類の受け取りをしておきましょう...
法人の税金(法人税)

一時的な資金繰りのピンチには、生命保険の契約者貸付制度を利用してみる

お客様からの入金が遅れるなどすれば、一時的とはいえ資金繰りに追われてしまうことがあります。 生命保険をかけていれば、一時的にお金を借りることができます。 生命保険の契約者貸付制度についてまとめてみました。 生命保険の契約者貸付制度とは 生命...
個人の税金(所得税)

まれに有利になることもある一括償却資産という選択肢

30万円未満のモノであれば1回で経費にする特別なルールがありますが、 それとは別に20万円未満であれば、一括償却資産というルールを使って3年間で経費にするというルールがあります。 あまり知られてはいないですが、一括償却資産を使った方がいい場...
法人の税金(法人税)

繰越欠損金が解消できそうにないときに考えたいこと

法人は赤字が出たら、その先10年間繰り越して税負担を抑えることができます。 赤字が慢性的に続いてしまうとあっという間に期限が来てしまい、その過去の赤字は切捨てになってしまいます。 繰越欠損金の解消方法をまとめてみました。 減価償却を見送る ...
法人の税金(法人税)

節税目的で法人を作るなら、ゴールを決めておくことも必要

法人を設立は、事業を拡大して会社を大きくしたいのか、節税が目的なのかによって進むべき方向性は違います。 どちらに向かうのかは、あらかじめ決めておきましょう。 方向性は2つ 法人は登記さえすれば、簡単に作ることができます。 ところで、自分が事...
個人の税金(所得税)

税込経理とは、税抜経理とは

ご自分の決算書の作成方法は、消費税の取扱いの方法によって税込経理と税抜経理という2つの方法があります。経理方法の違いについてまとめてみました。 税込経理とは、税抜経理とは 税込経理や税抜経理とは、決算書に並んである数字を消費税込みの表示にす...
個人の税金(所得税)

自動車税の払い方を考える

5月は自動車税の納税の時期です。 納付書が5月上旬に送られて、5月末までに支払わなければなりません。 (送られてきてから納付するまでの日数が短い気がしますが…) 納付方法を考えてみました。 納税しに行くのはおすすめしない 自動車税の納税場所...
個人の税金(所得税)

給与を払っている方が、定額減税を行う前に確認しておくこと

6月頃から定額減税が始まりますが、一番大変になるのが給与計算です。 始まる前までにやっておくべきことについてまとめてみました。 住民税の処理 定額減税は所得税・住民税からそれぞれ行われますが、住民税については比較的簡単です。 なぜならば、各...
個人の税金(所得税)

保管しておかなければならない書類はどうするか?

申告書を作成する基になった書類は、ほとんどが提出しません。 なくさないように、家で保管しておくだけで大丈夫です。 提出しなくていい 確定申告書を作成するための、基になった書類はほとんどが提出を求められていません。 レシートや領収書をはじめ、...