節税

法人の税金(法人税)

決算賞与を未払処理する際の注意点

今期の決算の内容がよかったら、従業員に還元してあげるのもいいかもしれません。 仕事をする上でのモチベーションアップにつながります。 決算賞与 賞与は支給する会社であれば、通常の夏(6,7月)や冬(12月)に支給することが多いかと思われます。...
法人の税金(法人税)

法人税の節税は利益が800万円を超えてから。倒産防止共済の前払い制度をうまく使う。

個人の給与と法人税のバランスをとりつつ、税金を抑えたいと考えるのは利益が800万円を超えてからが理想です。 利益をなるべくフラットにするには、倒産防止共済の前払い制度が有効です。 (利益と節税のバランスが重要) 法人税の税率 法人の税率は基...
節税

節税するなら、小規模共済、国民年金基金、iDeCoのどれがいいか?

節税商品には、小規模企業共済・国民年金基金・iDeCoがあります。 いずれの商品にせよ、掛金の全額が所得控除になるとともに、受取時には退職金や公的年金扱いとなるという点で、共通しています。 それぞれのメリットをまとめてみました。 小規模共済...
消費税・インボイス

法人成りのメリットである消費税の免税で気をつけたいこと

法人成りをするメリットの一つに、消費税の免税期間を延長できることがあります。 ただし、場合によっては消費税の免税の恩恵を受けることができなくなる場合もあります。 第1期 法人を設立した場合の第1期目は、基準期間も特定期間もありません。 その...
節税

個人事業主が節税の前に考えておきたいこと

効果的な節税をしたいのであれば、自分の現状把握と生活費とのバランスが大事です。 節税はお金を増やす魔法ではありません。 税金の計算が正しいか? 節税を考える前に、そもそもの申告内容があっているかどうかの確認は必須でしょう。 計算が間違ってい...
節税

節税に国民年金基金という選択肢もあります

個人事業主の節税しつつ将来のお金を貯める方法に、国民年金基金というものもあります。 メリットとデメリットをまとめてみました。 国民年金基金とは 国民年金基金は、個人事業主などのための年金額を増やせる年金制度です。 会社員であれば厚生年金が上...
節税

iDeCoのメリット、デメリット

節税をしながら将来に備えるものに、iDeCoという選択肢もあります。 iDeCoの主な特徴についてまとめてみました。 iDeCoとは iDeCoとは自分で掛金を払い、自分で運用して、将来のお金を作るための年金制度です。 私的年金の一部で、自...
個人の税金(所得税)

節税の前に考えておきたいこと

節税も大事ですが、それよりも大事なことは自分が食べていくことです。 節税する前に考えておきたいことを、まとめてみました。 生活するのに必要な利益 自分が生きていくためには、お金を稼がなくてはなりません。 では、いくら必要なのかを考えておく必...
個人の税金(所得税)

節税は3パターンあります

税金を安くするためには、ほとんどの場合がお金を消費します。 やり方を間違えると、資金繰りが悪化したり、生活が困窮してしまいます。 (赤字にすれば、確かに税金は減りますが…) 経費を増やす節税 税金を減らす一つの方法に、経費を増やすことがあり...
節税

小規模企業共済オンラインでできること

2023年の9月から始まった小規模企業共済オンライン。 金融機関や商工会などでの手続きが必要でしたが、ほぼ必要な手続きがオンライン上で手続きができるようになります。 小規模企業共済オンラインでできること 小規模企業共済は、規模の小さい個人事...
節税

小規模企業共済はどの程度税金がお得になるのか

小規模企業共済は節税にもなりお得だよとはいうけれど どの程度有利になるのか、まとめてみました。 小規模企業共済は節税の第一歩 払い込み時の税金 毎月の掛金の金額と、所得税の税率による節税額は、おおむねこのような金額になります。 (税率は住民...
節税

小規模共済をオンラインで加入するには

小規模企業共済の加入の際には、銀行や商工会などの中小機構と提携しているところでなければ、申し込むことができませんでしたが、2023年の9月よりマイナンバーを利用して、オンラインで申し込むことができるようになりました。 小規模企業共済は節税の...
節税

社宅制度を使って節税するには

法人成りのメリットのひとつに、個人事業では利用できない、社宅制度を使って節税することができます。この制度は、自分ひとりだけの会社であっても利用できます。 法人成りのメリット 社宅制度とは 社宅制度とは、会社が従業員の生活のために比較的安価で...
節税

法人成りのメリット

事業規模がある程度大きくなった場合には、法人成り(個人事業を廃止して、法人を新たに設立して同じ事業を法人として行うこと)することで、個人事業で得ることのできなかった、メリットを受けることもできます。 法人成りのメリット 所得が高い場合には、...
節税

法人成りのデメリット

事業規模がある程度大きくなると、個人事業として行うより 法人化した方が、税金が安くなる傾向があります。 ただし、法人化した場合にもデメリットはあります。 こんなはずではなかったと、ならないように 赤字でも税金がかかる 個人であれば、赤字で所...
節税

倒産防止共済で節税するには

倒産防止共済は節税をしたい場合、よく利用されますが、 加入をする際は、解約時を見据えておく必要があります。 倒産防止共済とは 倒産防止共済とは、取引先の倒産に備える保険みたいなものです。 法人・個人いずれも加入できます(資本金や従業員での制...